Mac

腕時計嫌いなボクがようやくAppleWatchを買った理由

腕時計嫌いなボクがようやくAppleWatchを買った理由

 

腕時計、嫌いだったよね?なんでApple Watch買ったの?
べこち

 

吉之助
ギクッ・・・

 

ボクと同じように、腕時計が嫌いな人のために書いた記事です。

結論ではApple Watch series3をすすめています。

理由は安くて軽くて、高額腕時計に対抗できる唯一の腕時計だからです。

 

Apple Watch series6、SE、series3の違いはこちらで記事にまとめています。

参考:AppleWatch series6とSE、3の違いをまとめ

 

こんな方におすすめ

  • 腕時計の必要性は分かっているけど、嫌いな方
  • 腕時計は嫌いだけど、Apple Watchが気になっている方
  • Apple Watchの選び方が知りたい方

 

ボクは10年、MacユーザーですがApple Watchには手を出しませんでした。

腕時計が嫌いだからです!

 

吉之助はこんな人

  • Mac歴10年
  • 子育てパパ
  • 某企業の営業マンで営業一筋14年
  • 精神保健福祉士・産業カウンセラー

 

この記事を読んで、ちょっとだけあなたもApple Watchを検討してみませんか?

 

腕時計が嫌いな理由

腕時計嫌いなのにAppleWatchを買った理由

 

ボクが腕時計が嫌いな理由は4つあります。

  • 必要性がない
  • 肩が凝る
  • 気持ち悪い
  • 自慢が嫌い

 

腕時計をする必要性がない

 

腕時計はそもそも時間を確認するツールです。

時間はiPhoneでわかります。

 

わざわざ高額な出費をしてまで、腕時計をする必要性はありませんね。

これが1番の理由です。

 

腕時計は肩が凝る

 

ボクは腕時計を左手首に付けます。

皆さんはどちらでしょうか?

 

重い腕時計をすると、左肩だけ肩が凝ります。

さらに左右のバランスが崩れるんです。

 

ボクは10年以上前に付けていた腕時計の重さは約90gです。

 

吉之助
いまは一切使っていませんが、宝物のようにとってあります。

一応、GUCCIなので(笑)

 

腕時計嫌いなボクがようやくAppleWatchを買った理由

 

もちろん個人差はあるでしょうが、肩凝りになるモノをわざわざ付けたくないですよね?

 

付けた感覚が気持ち悪い

 

腕時計の重さとも関係します。

付けている感覚が気持ち悪いんです。

 

肌に触れる感覚、汗を書いたときの擦れる感覚、そして左手首だけにある重量感・・・

半年以上つけても慣れなかったので、もう腕時計がイヤになりました。

 

GUCCIなのにイヤなんだ(笑)
べこち

 

高額な腕時計自慢が嫌い

 

なぜ、高額な腕時計が売れるか知っていますか?

理由は主に2つです。

  • ステータス自慢
  • 資産価値

 

ステータス自慢は、その通りです。

ロ○ックス・オ○ガ・パ○ライ・I○C・グランド○イコーだなんやかんやと。

そういったステータス自慢に嫌気もさしました。

 

ただ時間を確認するための道具に、何十万もかける姿は滑稽に見えてました。

吉之助
ボクもGUCCIの時計に10万以上は使いましたけど(笑)

 

もう1つの資産価値は、腕時計嫌いの理由には当てはまりません。

資産価値は「なるほどな〜」とは思いました。

 

腕時計はどんなに使っても傷つく事は少ないので、価値は下がりません。

逆に20年後に10万、20万と価値が上がることもあります。

 

資産目的で保有するのは有だと思いますが、ボクは物が増えることがそもそも嫌いです(笑)

それなのにようやくApple Watchを買った理由は次です。

 

腕時計嫌いのボクがApple Watchを買った理由

腕時計嫌いなのにAppleWatchを買った理由

 

Apple Watchを購入した理由は3つです。

  • 営業マンとして我慢の限界
  • 高額自慢な時計に負けない
  • 肩が凝りにくい製品

 

 

営業マンとして我慢の限界

 

営業マンの周りを見ても、ボクのように腕時計をしていないのは少数派です。

それが顧客からどう見えるかです。

 

商談中に時間を確認する場面は、けっこうあります。

iPhoneをテーブルに置いておくことが多いのですが、そうもいかないときもあります。

 

いざ時間を確認しようとするときに、ポケットからiPhoneを取り出す姿はお世辞にも格好がいいとは言えません

コレは相手から見たときの話です。

 

想像してください。

商談相手がスマートに腕時計で確認する姿と、ポケットからiPhoneを出して時間を確認する姿を。

 

高額自慢な時計に負けないApple Watch

 

腕時計は商談のとき、雑談ポイントになることがあります。

腕時計から会話が広がることも珍しくありません。

 

ヴィンテージ物を愛用する顧客もいれば、ステータスとして高額腕時計を持っている人もいます。

もちろんコレクターもいます。

会社内で自慢してくる同僚までいます。

 

そういった相手に数万円程度の中途半端な腕時計で対抗しても、話になりません。

要は相手にされません。

 

それがいざ、Apple Watchとなると違うのです。

Apple Watchを使う理由、便利さ、手軽さ、Apple好き・・・いくらでも対抗する言葉が出て来ます!

 

それがわずか2万円〜の値段で出来てしまうのです。

何十万、何百万と腕時計にかけている相手に対して、わずか2万円で対抗できるのがApple Watchの1番の魅力です。

 

肩が凝りにくい製品

 

軽量さ。

ボクが10年前につけていたGUCCIの腕時計が90g

対して今回ボクが買ったApple Watch Series 3 38mmはトータルで50g程度です。

 

重さが、最後は決めてになりました!

何度も試着させてくれた、某電気店の店員さんありがとうございました!

 

腕時計嫌いにApple Watch series3をすすめる理由〜選び方〜

腕時計嫌いなのにAppleWatchを買った理由

Apple Watchの選び方

 

注意ポイント

※2020年9月16日時点で、すでにseries5のAppleによる公式販売はストップしています。

モデルはseries3、SE、series6の3シリーズで違いは、こちらの記事にまとめてあります。

参考:AppleWatch series6とSE、3の違いをまとめ

 

当時のApple Watchはseries3とseries5の2種類。

主に抑える点は4つでした。

 

  • 価格
  • GPSモデルかGPS +Cellularモデルか
  • 大きさ・重さ
  • 機能

 

価格

4つのモデルの最低価格をAmazonでチェックしてみます

Series5 40mm

 

吉之助
Series3のGPSモデルの価格が安く見えませんか?

 

 

GPSモデルかGPS +Cellularモデルか

GPSモデルとGPS +Cellularモデルの違いはLTE通信に対応しているかどうかです。

LTE通信に対応することで、iPhoneが近くになくてもモバイル機能が使用できます。

 

iPhoneを持たずに行動する人には便利な機能かもしれませんが、ドコモ・au・ソフトバンクといった通信会社との契約が必要です。

 

ディスプレイ・重さ

Series3

  • ディスプレイ 38mm・重さ 26.7g
  • ディスプレイ 42mm・重さ 34.9g

Series5

  • ディスプレイ40mm・重さ 30.1g
  • ディスプレイ44mm・重さ 36.7g

 

ここにバンドの重さが加わったものが合計重量になります。

自分の腕に合うかも大事なので、近所の電気屋さんで試着することをおすすめします。

 

吉之助
ボクは肩凝りがイヤなので1gでも軽いものが良かったよ。今は軽量バンドを探しています!

 

機能

当然series5の方が多機能です。

1番の違いは時計が常時オン表示できるかどうか。

どうしても常時オンがいいならseries5にしましょう。

 

series5にあってseries3にない主な機能です。

  • 電気心拍センサー(日本では使用不可)
  • 第二世代光学式心拍センサー
  • 転倒検出機能

 

Series3からSeries5で強化されている主な機能です。

  • ストレージ:8GBから32GB
  • Bluetooth:4.2から5.0
  • 加速度センサー:16GBから32GB
  • デジタルクラウン:触覚的なクリック

 

その他に素材の違いもあります。

Apple Watchを隅々まで使いこなしたい人は、series5でないと満足できないでしょう。

 

でもボクのようにApple製品は好きでも、腕時計が嫌いでApple Watchには手を出さなかった人には絶対にseries3をおすすめします。

 

腕時計嫌いにApple Watch series3をすすめる理由

 

  • 2万円〜という価格設定
  • 高額腕時計に対抗できる
  • 軽量

 

そもそも腕時計嫌いのあなたが、series5を購入したところで使い続けるかは分かりませんよね?

まずは安価なseries3でトライすることをおすすめします。

 

 

最低限、時間の確認とApple Payが利用できれば充分じゃないですか?

 

Apple Watchと一緒に買ったら便利なアクセサリー

 

 

Apple Watchを使っている途中で充電が切れたときに使えるキーホルダー式のワイヤレス充電器、画面保護ケース、デスクでのスタンドは必須アクセサリーと言えます。

 

まとめ:腕時計嫌いなボクがようやくAppleWatchを買った理由

腕時計嫌いなのにAppleWatchを買った理由

 

  • 腕時計が嫌いな理由
  • 腕時計嫌いのボクがApple Watchを買った理由
  • 腕時計嫌いにApple Watch series3をすすめる理由〜選び方

 

 

以上をまとめてきました。

そう言えば、Apple Watchも予定よりはやく届きましたよ!

macbookairを購入,日常に潜む心理学
MacBookAirを購入して気付く、日常に潜む心理学の存在

 

 

吉之助
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓↓こちらもチェック必須です↓↓

MacBook-air-2020-accessory
【2020】MacBook Airと一緒に買ったアクセサリー7選【おすすめ】

 

  • この記事を書いた人

吉之助

単身赴任中の副業ブロガー●営業×Blog×セルフコントロール術を発信●営業は営業心理×便利ガジェット●BlogはApple製品×便利ガジェット●セルフコントロール術は毎朝4時起き×マインド発信●精神保健福祉士・産業カウンセラー●実績:2020.03.04 ブログ開設から2週間でアドセンス一発合格 4週間で収益4桁の実績●現在Blog2サイト運営中

-Mac

© 2020 吉之助 BLOG Powered by AFFINGER5