ガジェット

【ロジクールvsエレコム】トラックボールマウスを比較してみてた

【ロジクールvsエレコム】トラックボールマウスを比較してみてた

 

筆者が実際に使っている2つのトラックボールマウスの比較記事です。

  • ロジクール:SW-M570/M570t
  • エレコム:M-HT1DRXBK(HUGE)

 

トラックボールマウス選びに悩んでいる方はチェックしてください。

最後に今買うべきトラックボールマウスも紹介してます。

 

そのほかのトラックボールマウス関連記事一覧はこちら

 

ロジクールSW-M570/M570tとエレコムM-HT1DRXBK (HUGE)を比較

 

本記事では2つのトラックボールを4つの点から比較していきます。

  • 外観
  • 機能性
  • 操作性
  • その他

 

ロジクールSW-M570/M570tとエレコムM-HT1DRXBK(HUGE)の外観を比較

 

SW-M570/M570tM-HT1DRXBK(HUGE)
大きさ幅  9.5cm

奥行 14.5cm

高さ 4.5cm

幅  11.5cm

奥行 18.2cm

高さ 5.7cm

重さ(マウス本体)142g(電池含まず)260g(電池含む)
レシーバー重量2g2g
レシーバー収納ありあり
トラックボールの直径・色34mm・青52mm・赤
ボタンの数5個8個
ホイール数1個1個
形状手のひらを乗せるようなカーブ形状手のひらから手首全体が乗る形状

 

数字だとエレコムM-HT1DRXBK(HUGE)が1回り大きい印象ですが、実際に見て比較すると2回りくらい大きいです。

個人の好みにもよりますが、トラックボールの色はエレコムの赤の輝きがカッコよく好きです。

外観はM-HT1DRXBK(HUGE)の方が好きです。

 

 

SW-M570/M570tに使われている34mmのトラックボールはぺリックスから10色のカラーが発売されてます。

M-HT1DRXBK(HUGE)に使われている52mmはないので、カラーのカスタマイズ性ではロジクールM570に軍配です。

 

 

ロジクールSW-M570/M570tとエレコムM-HT1DRXBKの機能性を比較

 

SW-M570/M570tM-HT1DRXBK(HUGE)
接続USB(A)USB(A)
対応OSWindows、MacOSWindows、MacOS
電池単三電池 1本単三電池2本
電池寿命最大18ヶ月想定電池使用期間

ロー:534日、ハイ:325日

電波周波数アドバンス2.4GHz2.4GHz帯
ボタン機能割り当て数5ボタン+18ボタン+2
解像度(分解能)400ロー:500

ミドル:1000

ハイ:1500

 

機能の比較ではエレコムM-HT1DRXBK(HUGE)に軍配です。

8ボタンに加えて2つのホイル操作、トータル10個のショートカットキーなどを割り当てられるメリットは強い。

 

普通にマウス操作する分にはSW-M570/M570tでも充分ですが、解像度でもM-HT1DRXBK(HUGE)が数値上は上回っています。

 

 

ロジクールSW-M570/M570tとエレコムM-HT1DRXBK(HUGE)の操作性を比較

 

操作性は人にもよります。

使っている期間にもよります。

筆者はSW-M570/M570tを7〜8年、M-HT1DRXBK(HUGE)をまだ1ヶ月半程度しか使っていません。

 

操作性はSW-M570/M570tの圧勝です。

もちろん慣れてくれば、M-HT1DRXBK(HUGE)が逆転するかもしれません。

 

1番の理由はM-HT1DRXBK(HUGE)の右にあるRボタンとFn3ボタンの2つ。

なぜならこのボタンをクリックする指が、薬指もしくは小指になるからです。

普段あまり使わない指で操作をしていると、指が攣りそうになります。

手が大きくて、中指と薬指で操作できる人はあまり気にならないかもしれません。

 

SW-M570/M570tは親指・人さし指・中指の3本でほぼ全ての操作が可能です。

そのため指の疲労という点から、操作性はSW-M570/M570tに軍配です。

 

 

それでもボクは両方のマウスを使っています。

M570とM-HT1DRXBK(HUGE)の使い分けは、こちらで記事にしています。

【Mac】エレコム大玉トラックボールマウスM-HT1DRXBKをレビュー

 

ロジクールSW-M570/M570tとエレコムM-HT1DRXBKのその他を比較

価格差

  • ロジクールSW-M570/M570t:4518円
  • M-HT1DRXBK(HUGE):4000円

※2020年11月18日 Amazonでの価格

 

機能面では優っているM-HT1DRXBK(HUGE)の方が安くなっているという現象です。

 

Amazonの口コミ

☆評価

  • ロジクールSW-M570/M570t:4.3
  • M-HT1DRXBK(HUGE):4

評価数

  • ロジクールSW-M570/M570t:2950
  • M-HT1DRXBK(HUGE):937

 

評価の数でロジクールSW-M570/M570tが圧倒してます。

それだけSW-M570/M570tを使用している人が多く、評価も高いようです。

SW-M570/M570tがトラックボールマウスの名機と言われるだけのことはありますね。

 

 

筆者の口コミは以下で記事にしています。

MacとトラックボールマウスSW-M570相性レビュー【ロジクール】

【Mac】エレコム大玉トラックボールマウスM-HT1DRXBK(HUGE)をレビュー

 

設定方法

両機種ともに設定方法は、とても簡単です。

SW-M570/M570tの設定方法は、こちらで記事にしています。

【超簡単】ロジクールトラックボールM570の使い方と設定<Mac>

M-HT1DRXBK(HUGE)の設定方法は、こちらで記事にしています。

Macでエレコムのトラックボールマウスを設定【M-HT1DRXBK】

 

比較してエレコムM -HT1DRXBK(HUGE)がおすすめな人

 

両者を実際に使って比較したうえで、M-HT1DRXBK(HUGE)がおすすめな人は以下です。

  • 手のサイズが大きい人
  • ショートカットキーを多用する人
  • 安く高機能なトラックボールマウスが欲しい人

 

筆者は一般的には手のサイズは小さめです。

手のひらが大きい人の方がM-HT1DRXBK(HUGE)を使いこなせるはずです。

加えてM-HT1DRXBK(HUGE)は、機能性には優れている割に安くゲットできるのも魅力です。

普段から多くのショートカットキーを多用するにもおすすめです。

なぜなら10個の機能を割り当てることができるからです。

 

 

比較してロジクールSW-M570/M570tがおすすめな人

 

ロジクールのSW-M570/M570tがおすすめな人はいません。

なぜなら10年ぶりにバージョンアップして新しいモデルが発売するからです。

 

 

ロジクールM575です。

値段も4990円〜5500円とSW-M570/M570tと500〜1000円程度の差です。

大きな進化はBluetooth接続ができるようになった点と、傾斜角がついた点です。

 

ロジクールM575がおすすめな人

 

  • SW-M570/M570tを使っている人
  • はじめてトラックボールマウス使う人

SW-M570/M570tを使っている人は、M575にすんなり移行できるでしょう。

操作方法もほとんど変わらないはずです。

 

さらにM575はトラックボールマウスを初めて使うようなエントリーモデルとしてもおすすめです。

M570シリーズが名機と言われる理由は、その使いやすさと形状からです。

一般的なマウスと遜色ない操作感と、トラックボールを親指で動かす快感はクセになります。

 

 

ロジクール最新トラックボールマウス M575、試してみましょう。

 

吉之助
ボクはクリスマスプレゼントで、嫁にもらうことにしました

 

まとめ:【ロジクールvsエレコム】トラックボールマウスを比較してみてた

 

ロジクールSW-M570/M570tとエレコムM-HT1DRXBK(HUGE)のトラックボールマウスを比較してきました。

両方とも魅力のある素晴らしいトラックボールマウスです。

どんどん使って慣れていきましょう。

 

本記事で紹介したトラックボールマウスで1つだけ選べと言われたら、M575を選びます。

なぜならM570シリーズの最新モデルだからです。

 

 

吉之助
最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 

そのほかのトラックボールマウス関連記事一覧はこちら

 

  • この記事を書いた人

吉之助

単身赴任中の副業ブロガー●営業×Blog×セルフコントロール術を発信●営業は営業心理×便利ガジェット●BlogはApple製品×便利ガジェット●セルフコントロール術は毎朝4時起き×マインド発信●精神保健福祉士・産業カウンセラー●実績:2020.03.04 ブログ開設から2週間でアドセンス一発合格 4週間で収益4桁の実績●現在Blog2サイト運営中

-ガジェット

© 2020 吉之助 BLOG Powered by AFFINGER5