トラックボールマウス

Logicool Optionsの使い方、M575を設定する方法<Mac>

Logicool Optionsの使い方、M575を設定する方法<Mac>

 

Logicool Options対応のデバイスをゲットしたら、サクッと設定してしまいましょう。

本記事ではLogicoolの10年ぶりの新作トラックボールマウスERGO M575で、設定方法を簡単に解説していきます。

 

この記事でわかること

  • Logicool Optionsの使い方
  • ERGO M575の設定方法
  • ジェスチャーボタンの使い方

 

筆者は長年にわたってロジクールトラックボールマウスの先代M570を愛用してきたので、こちらの記事も参考にどうぞ。

 

 

Logicool Optionsの使い方

 

Logicool Optionsは簡単に使うことができます。

Logicool Optionsに対応するデバイスを買ったら、まず設定しましょう。

自分に合ったカスタマイズをすることで、より使いやすいデバイスになります。

 

Logicool Optionsの使い方はたった2ステップ。

  1. Logicool Optionsをインストールする
  2. Logicool Optionsで設定をカスタマイズする

 

吉之助
本記事ではトラックボールマウスERGO M575を設定していきます

 

 

Logicool OptionsをMacにインストール

 

インストールの手順も2ステップです。

  1. 公式サイトからダウンロード
  2. Logicool Optionsをインストール

 

1.公式サイトからダウンロード

公式サイトはこちら

Logicool Optionsの使い方

 

2.Logicool Optionsをインストール

(1)Zipファイルをひらく

Logicool Optionsの使い方

 

(2)インストーラーを起動

Logicool Optionsの使い方

 

(3)開いてMacのパスワードを入力

Logicool Optionsの使い方Logicool Optionsの使い方

 

 

 

 

(4)Logicool Optionsをインストール

Logicool Optionsの使い方

 

Logicool Optionsの使い方

製品強化への協力はどちらでもOKですが、筆者は協力しませんを選択してます。

 

(5)Logicool Optionsのアカウント作成もしくはログイン

Logicool Optionsの使い方

 

吉之助
筆者はGoogleのアカウントを使ってます

 

トラックボールM575をLogicool Optionsで設定

ERGO m575の基本設定<Bluetooth接続とボタン設定>

 

手順は2ステップです。

  1. 接続方法を設定する
  2. 基本的なボタンのカスタマイズ設定

 

ERGO m575のBluetooth接続方法

トラックボールM575をLogicool Optionsで設定

 

ERGO m575の接続方法は2つから選びます。

  • Bluetooth接続
  • Unifyingレシーバー

 

MacでBluetooth接続する場合は、『システム環境設定』から『Bluetooth』を開いてください。

 

トラックボールM575をLogicool Optionsで設定

 

吉之助
メニューバーの表示にチェックを入れておくと便利ですよ

 

Bluetooth接続できないときの対処方法は2つ試してみてください。

  • M575裏面のON-OFFスライドやBluetoothボタンの長押し
  • Bluetoothの登録デバイスからERGO M575を一旦削除して、再接続

 

 

基本的なボタンのカスタマイズ設定

アプリからLogi Optionsを開いて設定していきます。

トラックボールM575をLogicool Optionsで設定

 

カスタムできるボタンは3つだけです。

①カスタムするボタンを選択する。

トラックボールM575をLogicool Optionsで設定

②ボタンに割り当てる機能を選択する

トラックボールM575をLogicool Optionsで設定

 

吉之助
キーストロークを選択すれば、好きなショートカットキーを割り当てられます

 

注意ポイント

M570では5つのボタンに機能を割り当てられましたが、M575では3つのボタンに割り当てることができます。

 

参考:M575とM570の違いは?ロジクール新作トラックボールマウスをレビュー

 

アプリケーションでボタンの使い方を変えられる

 

ロジクールM575の特徴の1つは、アプリケーション毎にボタンの機能を変えられることです。

設定方法は簡単です。

トラックボールM575をLogicool Optionsで設定

 

アプリケーションを追加して、アプリケーション毎に3つのボタンの機能を設定すればOK

 

吉之助
アプリケーションによってボタンの役割を変えられるのはありがたいですね

 

使いこなしたいジェスチャーボタンに機能を設定する

 

ポイント

ジェスチャーボタンとは、ボタンを押しながら操作できる機能です。

 

ジェスチャーボタン自体に機能を設定して、さらにジェスチャーボタンを押しながらトラックボールを上・下・左・右に機能を設定できるので、合計5つの機能を割り当てることができます。

 

設定方法は『ジェスチャーボタン』→「カスタム」→「カスタマイズ」の順に選択します。

 

ジェスチャーボタンに機能を設定

 

ジェスチャーボタン自体に1つの機能

ジェスチャーボタンを押しならトラックボールの動きに応じて4つの機能

合計5つの機能を設定していけばOKです。

 

ジェスチャーボタンに機能を設定

 

ERGO M575にあるボタン3つ全て、ジェスチャーボタンとして設定可能です。

つまり3つのボタン全てにジェスチャーボタンとして5つの機能を設定すれば、合計15個の機能をM575に割り当てることができます。

 

吉之助
1つのトラックボールマウスに15個もの機能が割り当てられるのは非常に嬉しいですね。 

 

 

Logicool Flowとは

 

Logicool Flowによってマウス1台で複数のパソコンを行き来できるようになります。

さらにすごいのがMacとWindows間を行き来できることです。

この設定は筆者はまだできていません。

筆者の社用PCはWindowsですが、勝手にLogicool Optionsをインストールするわけにはいきません。

社用PCにはM570を使うためにSet Pointはいれましたが・・・

 

Logicool Flowは近いうちに嫁のWindowsでトライしてみようと思ってます。

1つのマウスで複数のPC間、しかもMacとWindowsが行き来できたらめちゃくちゃラクじゃないですか?

 

 

まとめ:Logicool Optionsの使い方、M575を設定する方法<Mac>

 

Logicool Optionsの使い方についてまとめてきました。

M575の設定は簡単です。

 

ジェスチャーボタンを使うことで、たった3個のボタンに15個の機能を設定することができます。

しかもアプリケーション毎に設定を変えられるので、その数は果てしなくなります。

 

Logicool Optionsを使って、あなた好みのERGO M575に設定してください。

 

 


吉之助
最後まで読んで頂き、ありがとうございました

  • この記事を書いた人

吉之助

単身赴任中の副業ブロガー●Apple・Macが好き●ガジェットが好き●仕事に役立つガジェット・生活に便利なガジェットを紹介●子育てに関わることも触れてます●毎朝4時起き●精神保健福祉士・産業カウンセラー・SNSカウンセラー●実績:2020.03.04 ブログ開設から2週間でアドセンス一発合格●4週間で収益4桁の実績●現在Blog2サイト運営中

-トラックボールマウス
-,

© 2021 吉之助 BLOG Powered by AFFINGER5