セルフコントロール術

腰痛とストレスの関係、腰痛予防・改善に筋トレが良い理由

腰痛とストレスの関係、腰痛予防・改善に筋トレが良い理由

 

吉之助
ボクも腰痛に悩んでいます。

 

もともとの腰痛に加えて、交通事故で後ろから衝突されて以来ずっと悩んでいます。

そんな腰痛の悩みに、本記事では答えます。

結論はドパミンを出すことです。

 

こんな方におすすめ

  • 腰痛のストレスの関係を知りたい方
  • 腰痛への対処方法を知りたい方
  • 腰痛予防の筋トレ効果を知りたい方

 

残念ながら、腰痛はすぐには治りません。

まずは腰痛と上手に付き合いながら、ドパミンを出して腰痛を軽減して改善していきましょう。

ボクも週1回、理学療法士さんと一緒に体幹トレーニングをしています!

 

吉之助はこんな人

  • Mac歴10年
  • 子育てパパ
  • 某企業の営業マンで営業一筋14年
  • 精神保健福祉士・産業カウンセラー

 

まずは腰痛の原因からです。

ストレスとの関係に注目します。

 

腰痛の原因:ストレスとの関係に注目

腰痛とストレス

 

腰痛には2種類あります。

  • 原因を特定できる腰痛(15%)
  • 原因を特定できない腰痛(85%)

 

原因を特定できる腰痛

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症、骨粗しょう症による腰痛は、あなたも聞いたことあるかもしれません。

歳をとって高齢になっていったり、交通事故などの外傷によるものをイメージしやすいです。

 

原因を特定できない腰痛 <ストレスなど>

 

腰痛の85%は原因が不明と言われています。

長年の同じ姿勢で仕事を続ける影響や運動不足の低下、そしてストレスとの関連が指摘されています。

本記事をきっかけに、ストレスと腰痛の関係に注目してみましょう。

 

腰痛とストレスの関係性〜ドパミンに注目〜

腰痛とストレス

 

腰痛とストレスには、ドパミンという物質が関係しています。

仕事でストレスを抱えるのは誰にでもあることです。

 

仕事でストレスを長期的に抱えてしまうと、ドパミンが減ってしまいます。

ドパミンや嬉しいときや楽しいときに放出されるホルモンですが、痛みを抑える役割もあります。

 

吉之助
ケガで痛いときにお笑い番組見て笑っていると、痛いこと忘れませんか?

 

ただ一般的な痛み止め薬は、ドパミンを増やしてくれないので効果がないことがあります。

ストレスからくる腰痛の対策を知っておきましょう。

 

ストレスからくる腰痛への対処方法

腰痛とストレス

 

ストレスからくる腰痛への対処は主に3つです。

  • 原因となっているストレスを解消する
  • ドパミンを放出して腰痛を軽減する
  • 姿勢を変えて腰痛を軽くする

 

1つずつチェックしていきましょう。

 

原因となっているストレスを解消する

 

仕事のなかにストレスがあれば、仕事環境を見直してください。

目標や勤務時間、人間関係などなど、自分で変えられそうなことを見つけてみましょう。

 

ポイントは自分で変えられそうなことです。

会社なので人事異動をすぐに!はむずかしかもしれません。

 

まずは自分でできそうなことを見つましょう。

一例です。

  • 残業を辞めてみる
  • 飲み会に参加しない
  • 転職活動をする

 

ボクは転職する気はなくても、ストレスが溜まると転職活動をします。

吉之助
転職活動をすると、自分の会社のいいところも見えてくるんだ

 

転職活動を考えるなら、まずはあなたの可能性を専門家に聞いてみませんか?

STRATEGY:BOOTCAMPなら無料でカウンセリングが受けられますよ!

 

ドパミンを増やして腰痛を軽減する

 

ドパミンが減っているなら、ドパミンを増やせばいいですね!

ドパミンを増やすには、あたな自身にご褒美をあげることが大切です。

 

例えば、こんなご褒美どうですか?

  • 仕事が終わったら、大好きなケーキを食べて帰る
  • 大きなミッションを乗り越えたら、温泉旅行に行く
  • 嫌いな上司との仕事が終わったら、一人カラオケに行く

 

どんな小さな課題でもいいです。

課題をクリアしたら、あなたの好きな行動を1つしましょう。

 

それだけでドパミンが増えます。

 

姿勢を変えて腰痛を軽くする

 

ストレスを解消して、腰痛を軽減!?

そんな簡単に、ストレスを解消できないこともありますよね。

 

そんなときは姿勢を変えて、痛みを軽くしてあげましょう。

ボクも腰痛もちですがパソコンデスクを変えてから、痛みがスッと軽くなりました。

【KKaMM】折りたたみノートパソコンスタンドをレビュー【腰痛対策】
【KKaMM】折りたたみノートパソコンスタンドをレビュー【腰痛対策】

 

営業での運転時間も長いので、車で使う腰痛対策のクッションも必須アイテムです!


 

車用のクッションは、腰と座席のあいだに空間をあけないことがポイントです!

腰痛の予防・改善に筋トレがいい理由

腰痛の予防・改善に筋トレがいい

 

本記事の最初に腰痛には2種類あると書きました。

腰痛の原因が違えば、対処方法も違うことは理解してください。

腰痛の状態に合わせて、負荷のかかりすぎない筋トレをしましょう。

 

原因を特定できない腰痛は体幹トレーニング

 

筋力に合わない筋トレは、腰に付加がかかって腰痛の悪化につながることもあります。

筋トレといっても、まずは体幹トレーニングを中心に行い腰痛を軽減させましょう。

 

ボクが主にやっている筋トレは3種類です。

  • ドローイン
  • ハンドニー
  • フォームローラーを使う

 

腰痛の筋トレ:ドローイン

 

ドローインのやり方

  • 仰向けに寝て、両膝を立てます。
  • お腹に手を当てて、凹まします。

ポイントは、背中とマット(もしくは床)の間に空間をつくらないことです。

 

腰痛の筋トレ:ハンドニー

 

ハンドニーのやり方

  • 両手・両膝をついて四つん這いになります
  • 右手と左足を伸ばして水平にして5秒ほど固定します
  • 逆、左手と右足を伸ばして水平にして5秒ほど固定します

左右繰り返してやりましょう。

 

腰痛の筋トレ:フォームローラーを使う

 

まずはフォームローラーを聞いたことがない人は、チェックしましょう。

 

 

フォームローラーを使った体幹トレーニング

  • フォームローラーの上に仰向けになります
  • 右手を天井に向かって垂直に上げます
  • 左足を上げて、膝を直角に曲げます
  • 右手を頭の上へ持っていき、体と水平にします
  • 左足を水平にします
  • 逆もやりましょう

最初は片方の手を床につけて、バランスを取らないとむずかしいです。

 

吉之助
ボクは最初、全くできませんでした(笑)

 

自宅で体幹トレーニングするときはヨガマットがあった方が、痛くなくていいですよ!


 

筋トレでドパミン放出してストレス軽減

 

学生時代、体育で体を動かしたあと、気分スッキリした覚えありませんか?

ちょうどいい疲労と、心地のよい爽快感。

あれがドパミンの効果です。

 

筋トレは目標を持つことも大事です

筋トレをしてドパミンが放出される、さらに目標をクリアすると喜びでドパミンが増える。

その繰り返しがストレスを緩和してくれます。

 

まずはあなたの腰痛に合った筋トレ・体幹トレーニングから始めましょう。

 

吉之助
ボクも毎週、理学療法士さんと体幹トレーニングをはじめてから気持ちがラクになりました!

 

まとめ:腰痛とストレスの関係、腰痛予防・改善に筋トレが良い理由

 

  • 腰痛の原因:ストレスとの関係に注目
  • 腰痛とストレスの関係:ドパミンに注目
  • ストレスからくる腰痛への対処方法
  • 腰痛の予防・改善に筋トレが良い理由

以上をまとめてきました。

腰痛を改善して、ストレスも解消してしまいましょう。

 

吉之助
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

  • この記事を書いた人

吉之助

単身赴任中の副業ブロガー●営業×Blog×セルフコントロール術を発信●営業は営業心理×便利ガジェット●BlogはApple製品×便利ガジェット●セルフコントロール術は毎朝4時起き×マインド発信●精神保健福祉士・産業カウンセラー●実績:2020.03.04 ブログ開設から2週間でアドセンス一発合格 4週間で収益4桁の実績●現在Blog2サイト運営中

-セルフコントロール術

© 2020 吉之助 BLOG Powered by AFFINGER5