ブログ初心者へ

ブログを書く時間を短くするコツ、右脳と左脳を順番に使う執筆フロー

ブログを書く時間を短くする

 

パパ、ブログ作業しているとき休憩とってないけど大丈夫なの?
べこち

 

吉之助
大丈夫だよ。休憩なしでブログを書き続けるコツがあるんだ!

 

今回はブログを書く時間を短くしたい人のために、コツを教えるね。

結論は、右脳と左脳を順番に使うことです。

 

こんな方におすすめ

  • ブログを書く時間を短くしたい人
  • 休憩時間がついつい長くなってしまう人
  • 効率の良い執筆フローを知りたい人

ボクはブログ作業中に休憩をとりません。

決めた時間で作業を終わるか、子どもの都合で終わるか、トイレに行くくらいです。

 

吉之助はこんな人

  • Mac歴10年
  • 子育てパパ
  • 某企業の営業マンで営業一筋14年
  • 精神保健福祉士・産業カウンセラー

 

参考までに最後に、この記事の文字数と作業時間を記録しておきます。

 

ブログを書く時間を短くするために右脳と左脳の役割を理解する

右脳と左脳

 

ブログを書くときの右脳の役割

 

右脳は感覚がメインの脳です。

芸術肌の人は右脳派が多く、イメージやひらめきに強いと言われています。

 

これをブログを書くときに置き換えると右脳の役割はこうなります。

  • ブログ記事の構想・全体像のイメージング
  • 画像選び・アイキャッチ作成
  • 全体のデザイン設定

 

ブログを書くときの左脳の役割

 

左脳は論理がメインの脳です。

ロジカルな仕事をする人は左脳派が多く、言葉や計算・分析に強いと言われています。

 

これをブログを書くときに置き換えると左脳の役割はこうなります。

  • 競合分析
  • キーワード選定
  • 記事の構成・下書き
  • ライティング作業

 

ブログを書くときに右脳と左脳を交互に使う意味

 

右脳と左脳を交互に使うのは、片方を休ませるためです。

左右交互に脳を使うことで、脳を疲労を軽減することが可能です。

 

「あなたも振り返ってみてください」

ブログの執筆途中に、Twitterやゲームに長時間ハマってしまった経験ありませんか?

 

それを防いでくれることに、右脳と左脳を交互に使う意味があります。

次で説明します。

 

ブログを書くための執筆フロー

SNSの誘惑

 

「あなたのブログを書くための執筆フローはこうでしょうか?」

  • ブログ記事の構想・全体像のイメージング<右脳>
  • キーワード選定・競合分析<左脳>
  • 記事の構成・下書き<左脳>
  • ライティング<左脳>
  • 画像・アイキャッチ作成<右脳>
  • 全体のデザイン設定<右脳>

 

左脳を使い続けていることが分かりますよね。

とくに下書きからライティングまではの一番時間がかかるところで、左脳を使い続けてしまっています。

 

当然、ブログを書いている途中に休憩が必要になります。

 

休憩時間・・・

予定より長くなってしまった経験ありませんか?

 

休憩時間の誘惑の一例はこんなところでしょうか?

  • TwitterなどのSNS
  • ゲーム
  • おやつ
  • 昼寝

 

10分や15分で休憩が終わればいいですが、ついつい長くなってしまった経験ありますよね。

 

右脳と左脳を交互に使う執筆フロー

 

  • ブログ記事の構想・全体像のイメージング<右脳>
  • キーワード選定・競合分析<左脳>
  • 画像選び<右脳>
  • 記事の構成・下書き<左脳>
  • アイキャッチ作成<右脳>
  • ライティング<左脳>
  • 全体のデザイン設定<右脳>

※下書きやライティングの合間に画像選びをするのもOK!

 

できるだけ右脳と左脳を交互に使いましょう。

 

ポイントは片方の脳を長時間使い続けないことです!

交互に右脳・左脳を使うことで、より長時間作業がしやすくなります。

 

アメトーーク! の「勉強しかしてこなかった芸人」でも、スペシャル番組の中で右脳と左脳を順番に使うと良いコメントされていました(2020.05.26)

 

右脳と左脳を交互に使うデメリット

 

例えばライティングの途中で、画像選びをするとします。

画像選びの前後で、書きたいことが崩れてくる可能性はあるかもしれませんね。

でもそれって、休憩しても一緒じゃないですか?

 

右脳と左脳を交互に使うメリット

 

メリットは2点あります。

  • ブログ執筆時間の短縮
  • 休憩時間の誘惑を防ぐ効果

理論的には片方の脳を休めながらブログ執筆作業をすすめるので、休憩時間を減らせます。

 

例えばあなたがライティングの合間に休憩をとっていたとします。

それがライティングの合間が画像選びに変われば、ずっとブログ執筆作業が可能になります。

 

休憩時間にTwitterなどの誘惑も無くなれば、執筆時間が短くなりますね!

 

まとめ:ブログを書く時間を短くするコツ

 

最近は「右脳思考」でも分かるように、右脳の発想力に注目が集まっています。

右脳と左脳をうまく使い分けることで、ブログもビジネスもこなしていきましょう!

 

今回はブログを書く時間を短くするコツとして、右脳と左脳を交互に使うことを紹介しました。

右脳と左脳の役割を理解しておきましょう!

 

結果:このブログ記事を書くのにかかった時間を発表

 

吉之助
このブログを執筆するのにかかった文字数は1951字。画像含めてすべての作業を1時間43分で終えました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

  • この記事を書いた人

吉之助

単身赴任中の副業ブロガー●営業×Blog×セルフコントロール術を発信●営業は営業心理×便利ガジェット●BlogはApple製品×便利ガジェット●セルフコントロール術は毎朝4時起き×マインド発信●精神保健福祉士・産業カウンセラー●実績:2020.03.04 ブログ開設から2週間でアドセンス一発合格 4週間で収益4桁の実績●現在Blog2サイト運営中

-ブログ初心者へ

© 2020 吉之助 BLOG Powered by AFFINGER5